スポンサーサイト

  • 2014.04.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


命をいただきます!

 このネタはピロの殺戮!と一緒にmeguriが書いてくれるはずだったものですが、
忘れたようなので追加します。


 いつもの園からの帰り、車中でのリョンのセリフです。

   「命をいただきます!」

 いつもながら「え〜っ」と驚く運転手。
「きゃ〜っ」と嬉しそうにに叫びながら携帯を録音にして、すばやく後ろの席へ放り込む。


   「本当は生きているものを食べちゃいけんのよ〜、
      べないとリョンちゃんたちが死んでしまうから食べるんよ〜」
        「魚もずっと泳ぎたかったんよ…」

携帯のスピーカーから再生された子供の声を帰って改めて聞いてみる。
沈んだ声で息子は説明をつづける。

そういえば最近やたらと「人間は誰がつくったん?」とか、
「人は何で死ぬるん?」と哲学的質問をくりかえす長男。

祖母にむかって、いきなり

「お婆ちゃんはもうすぐ死ぬんじゃろ?」と問題発言連発!

                        
     隣の部屋でひっくり返る私。

さては園の説法でミホトケの教えを学んでいるのか。

今日も、ちびまるこちゃんのお爺ちゃんが泣いているのを見て
  「(まるこが)大人になったら、お爺ちゃんは死ぬけえ、泣いとるんじゃよ」
と解説してくれました。

命をいただく…ちょっと怖いけど、意味を教わるととてもありがた〜い教えです。
  でもね〜 困るんですよね。

これじゃ、ボク達が、お婆ちゃん早く○ねと言ってるみたい (涙)


リョンの覚悟!

 オットです。
風呂でチビ二匹の体を洗い終わり、ホッとした脱衣所で、リョンが真剣な顔で言う。

     「お父さん、お母さん、いつ分かれるの?」

虚を突かれてうろたえる私。何でそんなこと知ってるんだ!
確かに最近、また引越しするかどうかの問題でふうふ喧嘩が多いし 
仲が良くないかも…
エッ! でも離婚なんて話になってたっけ? 

更に言葉をつづける長男。
     「リョンちゃんね。大きくなったら好きな男の子と一緒に暮らすから、
       それまでは一緒にくらしてね!」


大人になって独立する時の話…か、
そういえば、何の気なしに、
「リョンも大きくなったら父さん母さんと分かれて
好きな子(ただし女の子)と一緒に暮らすようになるんだよ!
と言った覚えがある。

5歳の幼児にとって将来、親と離れる話なんてきっと衝撃!だったに違いない、が
この子はちゃんと真剣に受け止めていたんだ。

でもこちらもショックだよ。
彼は長男。ちゃんと優しい女性と結婚して、ず〜っと私とmeguriの面倒をみてもらわないといけん!
明日は改めてそのことを言い聞かせよう!なあ、母さん。



ちょいワル?遊戯〜

オットです。
 <リョンの成長その2>

昨夜のこと、
園にお迎えに行ったらいつも通り、リョンちゃんが のこのこ教室から出てきた。

その後に見慣れぬ女の子が顔をだして覗く。体を柱に預けてクネクネと腰をクネらせ妙に色っぽい。
    「リョンくん〜私のパン○〜、何でみたのよ〜」と嬉しそうに言う。

 父は「はっ?」

    「昨日も見たのよ〜リョンくん〜私のパ○ツ〜」と自慢する彼女。

息子を見るとバツの悪そうな顔をしている。

    「お嬢ちゃん、お名前な〜に?」

    「リョンくんがしってるでしょ〜」と余裕の笑み。
幼児なのに!ちょいワルで妖艶な女の子。

    5才の長男はこの手に大変もてる。私と違って


更に私に向かって笑顔 「リョンちゃんのおじいちゃんでしょ〜?」


 !!!…答えに詰まって「は、はは〜そんなもんかな〜」

横を見ると若いお母さま方と眼が合った。
二重のショックで私はヨロめきながらも〜  息子の手を引っ張ってその場を去っていく〜


○○タニ シノ!〜キミの名前は忘れんぞぉ〜


「ウルトラマンはおらん!」

 オットです。

 毎日、この戦記を楽しみにしてくれている約三名の読者様の為に、
meguriにブログの更新を催促したら 「書いて!」の一言


    それでは、出産前日の夕方。子供達をクルマでレスリングに運んでいく途中の長男の
      ある重大! な気づきを、 <リョンの成長その1>として…


 後ろから突然 「リョンちゃんはね〜ウルトラマンは本当は、おらん思うんよ〜」

       えっ?なぜか動揺する私。

       仮面ライダーは? 

           「あれは昔話じゃけん、おらんのよ〜」

  さらに、    「ウルトラマンはね〜、宇宙人でね、名前がマヌケみたいなんよ〜!」

  ああ〜そこまで言うか。

  今までウルトラマンと仮面ライダーをこよなく愛した長男。

           「テレビの人らが作った話なんよ!(怒)、
                       宇宙人なら正義の味方じゃない。
                本当は、悪い奴なんよ〜」

  あぁ〜昔の初代からセブンからタローからエース。
    果てはアメリカ版のパワード、オーストラリア版のグレートまで一緒にビデオで見たのに〜

     もちろん仮面ライダーたちもじゃ〜。

何だか寂しい気持ちになる運転手…



   で、気づいてしまったリョンのそれからですが、

    今も毎日★ウルトラマンコスモスのビデオ、せがまれてますけど…






かいじゅうといっしょ

新しく通う保育園は、楽しいけれど、躾は厳しい。
りょんの朝の挨拶が少し変わりました。
「おはようございます、○○くみの○○です。
 ハハといっしょにきました嬉しい
と、言わないと行けません。

車の中で、りょんに言い聞かせていました。
「いい?先生に会ったら『おはようございます、うめぐみの りょんです。
 ハハといっしょにきました』って言うのよ!ウィンク

「おはようございます!うめぐみの りょんです!!楽しい

いいぞ!で、『ハハといっしょにきました』は?

「…いいたくないショック
なんで〜?ちゃんと言いなさい!!

「“ハハといっしょに”は、やだ。“かいじゅうといっしょに”ならいいよウィンク

なんですと!?私は怪獣か〜〜!!ちっ



でも、ちゃんとしないと皆の前でお尻ペンペンよ!と脅して
なんとか言わせました。

やっぱ怪獣?

つみき遊び

いつも保育園から電話があると、ドキッとする。今度はなに?
「すみません、口の中を切ってしまいました。歯医者に連れていってもいいですか?」
とりあえず、近所の歯医者に行って貰った。熱とかでると、すぐ連れて帰れと言われるのに、保育園での事故にはものすごい腰が低い対応をされる。でも、怪我の状況が分からないのですごく心配…
たまたま外出していたお父ちゃんが、早めに迎えに行くと、ズラッと先生が並んで
「すみません〜ポロリ」×4人
ピロは、先生に注目されて嬉しいのか、はしゃぎまくって柱に当たって泣いた。
なんて おバカな子だ。イヒヒ
ケガで心配され、甘やかされたピロは、お父ちゃんに抱っこでないと帰らない!と
すっかりワガママになってしまっていた。どうしてくれるんだよ!ちっ

次の通院も、
「お仕事があるでしょうから、こちらが連れて行きます女
…なら、いつもすぐ呼び出さずに病院連れてってくれ!ちっ

帰って口の中を見ると、1センチ足らずの歯で切った跡がありました。
大した事なくて良かった。お薬も1日分の抗生物質のみ。

つみきの上に乗ってコケたらしい。

先生、どうかピロに本来のつみき遊びの仕方を教えてやって下さいよ!ノーノー

おばあちゃんの主張

深夜、おばあちゃんが押入をゴソゴソさぐっていた。
「どうかしたんですか?」と声を掛けると
「Meguriさん、わたしはね、明日りょんちゃんと一緒に保育園へいって、
 りょんちゃんをいじめる子にひとこと言って聞かせたいんよ!ちっ
えぇ!? 詳しく聞くと、りょんが
「おばあちゃん、明日ほいくえん一緒に行ってや。
 Mくんにけらんでって たのんでポロリ
と、切々と訴えていたらしい。
まぁ頭数は揃ってる方が心強いし、おばあちゃんの気持ちも分かるので、今朝は一緒に行くことにした。

「で、なにを着ていけば良いかと探しよるんよ[:がく〜:]」
そんなの…なんでも良いですよ。たらーっ



いつもより少し早めに行き、園長先生を捕まえて「ちょっと話が…」と声を掛けると、向こうもただ事ではないと思ったのか、2階の図書室で話すことに。
イスが小さくて笑いそう。これじゃ、いかん!和んでしまうちっ

相手に会わせて欲しいと言うと、
「それは、ちょっと待ってください[:がく〜:]」
予想通りの返答。
今回は、おばあちゃんまで出てきて、本気さが伝わってくれれば良いと思っていたので、
後はおばあちゃんが切々と、

「わたしはね、りょんちゃんとはいつも並んで寝て、色んな事を話してくれるんです。
 朝は最近いつも『ほいくえん行きとうない』言うんですよ!
 どうしてその子はりょんちゃんをいじめるんでしょう…
 昨日の夜、
 『おばあちゃん、明日ほいくえん一緒に行ってや。
  Mくんにけらんでって たのんでポロリ』ってなんべんも言うんです。
 わたしは『分かった。おばあちゃん一緒に行って、いうてあげるよ』言うたんです。
 Mくんに会わせてくれれば、頭をなでながら、『どうして けるの。けったらいけんよ』
 言うて聞かせたいんですわぶー

以上のような内容を×5回以上繰り返し、1時間近い面談になりました。
これで少しは対応を考えてくれるでしょうか。ウィンク


りょんは おばあちゃんが話している間
ニコニコしながら私に飛びついてチューをしたり、

座って おばあちゃんに温かい拍手を送っていました。楽しい拍手

講演会か?これは…
『広島の、ぶち ばり ばぁちゃん いじめを語る』とか。観客3名のみだけど。イヒヒ

発表会はトラブル続き

「れんしゅう、つかれる。はっぴょうかい でたくないぶー
ぶーたれ りょんをなんとか動かそうと、お父ちゃんがバイクのオモチャ(100円!)を買ってきて、
「発表会がんばったら、遊んでも良いよ男
とエサで釣り、なんとか昨日出てくれましたたらーっ

りょんが歌う、りょんが演技する!スバラシイ!!

声もしっかり出ていました。ハハ感激。
お父ちゃんビデオ席で必死。(前の人の頭がじゃまで、手を伸ばして撮ったらしい。)

ところが、劇途中の退場時に、前の子の頭がりょんの顔面直撃!
「うぁぁぁぁぁ〜〜〜ん悲しい
どうなるんだ?とハラハラしていたら、次の登場時には何とか復活していた…


「おれさまのマネが、できるかな?楽しい
自信たっぷりで台詞も言えてました。は〜たらーっ


帰ってから、りょんをたっぷり誉めてあげよう!がんばったね!!ウィンク

「バイクは〜〜?楽しい

バイクの為に頑張ったんか…たらーっ


次の日、先生から、
「りょんちゃん、頑張りましたね!
 ところで、終わったらバイクで遊ぶって言っていましたけど?女
保育園でも公言していたのか。どんだけバイクが好きなんだよ!

エサで釣ったのバレバレでした。

服を汚さない方法

やっと洗濯乾燥機の乾燥機能を直しました。

毎日、山のような洗濯物をおばあちゃんが干してくれます。
ピロなんかは毎食のように汚して着替えるはめに。
りょんも時々こぼしてしまいます。

「どうやったら、食事時に服を汚さんのんかねぇ…ちっ
 と、こぼしていたら、

りょんの答え、即答でした

「ふく 着んかったら?ウィンク

汚れんね、確かに。

 じゃぁ、裸で食うてみい!!ちっ

おきんけ!

連日の疲れがどっと出て、昨日は夕食後早々に風邪のりょんの添い寝をしつつ風呂にも入る気力もなく寝てしまいました。
ピロは元気だったので、オットがお風呂に入れてくれましたが、いつも風呂上がりに着替えさせ担当の私が寝ているもので、おばあちゃんが代わりにパジャマを持ってお迎えしてくれていました。が、

「おか〜〜ちゃんがいいの!ショック
と抵抗するピロ。パジャマを握りしめ、追いかける おばあちゃん。

マッパのまま走りまわるピロ…「おか〜〜ちゃんがいいの!ショック
「おかあちゃんは、寝とるよ」追いかける おばあちゃん。

奇声を発しながら走りまわるピロ…

しびれを切らしたおばあちゃんが叫ぶ
「おかあちゃんは、もう起きんけ! おかあちゃんは、もう起きんけ〜!!ぶー


すみませんねぇ。
しかし「もう起きん」って、なんだか私が死んでいる様な言い方ですね。
ある意味死んでると同じか…たらーっ

ちなみに、オットが風呂から上がってきて、
やっとピロも諦めてパジャマを着たそうです。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
links↓
他にもたくさん、こんな★人気ブログ★もあるよクリック〜↓
人気blogランキングへ ブログランキング 広島ブログ 今3種類の↑ランキング参加中です。 こちらのHPを見て貰うことで、 このブログの投票になります。 時間ある方は1日1回クリック、どうぞよろしく。 そうすると、Meguriが喜びます、それだけです。
いらっしゃいました
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM